バックナンバー

  • 2017/11/01 (Wed) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第39号 】
  • 2017/10/02 (Mon) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第38号 】
  • 2017/09/01 (Fri) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第37号 】
  • 2017/08/03 (Thu) 16:30
    【TACT 情報NEWS 第36号 】
  • 2017/07/03 (Mon) 13:10
    【TACT 情報NEWS 第35号 】
  • 2017/05/01 (Mon) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第34号 】
  • 2017/04/03 (Mon) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第33号 】
  • 2017/03/01 (Wed) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第32号 】
  • 2017/01/01 (Sun) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第31号 】
  • 2016/12/01 (Thu) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第30号 】
  • 2016/11/01 (Tue) 16:40
    【TACT 情報NEWS 第29号 】
  • 2016/10/01 (Sat) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第28号 】
  • 2016/09/01 (Thu) 15:00
    【TACT 情報NEWS 第27号 】
  • 2016/08/01 (Mon) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第26号 】
  • 2016/07/01 (Fri) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第25号 】
  • 2016/06/01 (Wed) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第24号 】
  • 2016/05/01 (Sun) 20:00
    【TACT 情報NEWS 第23号 】
  • 2016/04/01 (Fri) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第22号 】
  • 2016/03/01 (Tue) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第21号 】
  • 2016/02/01 (Mon) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第20号 】
  • 2016/01/04 (Mon) 09:00
    【TACT 情報NEWS 第19号 】
  • 2016/01/01 (Fri) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第19号 】
  • 2015/12/01 (Tue) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第18号 】
  • 2015/11/01 (Sun) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第17号 】
  • 2015/10/01 (Thu) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第16号 】
  • 2015/09/01 (Tue) 13:30
    【TACT 情報NEWS 第15号 】
  • 2015/08/01 (Sat) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第14号 】
  • 2015/07/01 (Wed) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第13号】
  • 2015/06/01 (Mon) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第12号】
  • 2015/05/01 (Fri) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第11号】
  • 2015/04/01 (Wed) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第10号】
  • 2015/03/16 (Mon) 13:00
    ※臨時【TACT 情報NEWS 第9号】
  • 2015/03/02 (Mon) 14:38
    【TACT 情報NEWS 第9号】
  • 2015/02/02 (Mon) 13:00
    【TACT 情報NEWS 第8号】
  • 2015/01/06 (Tue) 16:20
    【TACT 情報NEWS 第6号】
  • 2015/01/06 (Tue) 16:03
    情報NEWS 第7号
  • 2015/01/06 (Tue) 16:01
    【TACT 情報NEWS 第6号】訂正版
  • 2015/01/06 (Tue) 15:59
    【TACT 情報NEWS 第5号】
  • 2015/01/06 (Tue) 15:53
    【TACT 情報NEWS 第4号】
  • 2014/09/01 (Mon) 20:00
    【TACT 情報NEWS 第3号】
  • 2014/08/01 (Fri) 18:00
    【TACT 情報NEWS 第2号】
  • 2014/07/01 (Tue) 20:00
    【TACT 情報NEWS】平成25年分の所得税等の確定申告状況

【TACT 情報NEWS 第14号 】

2015/08/01 (Sat) 13:00
≪ ビジネスに、生活や教育にも役立つ! TACT 情報NEWS 第14号 ≫

☆★☆.*…*…*…*…*…*…*…* http://www.tact-group.com *…*…*…*…*…*…*…*…*.★☆★
┏┓
┗■          2015年8月 TACT 情報NEWS 第14号  .☆..+.
---------━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━---------

皆様、こんにちは。夏本番を迎える酷暑の中、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今月は税理士法人TACT高井法博会計事務所 経営コンサルティング部 部長の水野が
『企業の資金繰りについて』 ご紹介いたします。

◆―――――◇―――――――◆―――――――◇―――――――◆―――――――◇

皆さんは、日本でどれくらいの会社が倒産しているのかご存じですか?

帝国データバンクによると2014年度は9,180件の倒産がありました。この数字は8年ぶりに
1万件を下回りましたがこれは、政府が中小企業金融円滑化法の期限到来後、資金繰り
支援継続を実施している事により、業種を問わず経営不振に陥っていた多くの中小零細
企業が資金繰り破綻を回避しているという面があります。

年に9,180件、これを1日で換算すると25件、1時間に約1件以上が倒産した事を表しています。
なぜ、これほど多くの会社が倒産するのか?一言でいうと、資金ショートが主な要因です。
今回は、今後の流れを含め、会社の資金の流れに着目してご説明致します。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-++-+-+-+-+-+-

■会社の資金繰りが悪化する主な要因は以下の通りです。

 1.利益の低下、赤字
 2.売掛金の増加(未回収)
 3.在庫の増加
 4.売り上げ増加に伴う費用増加
 5.その他(取引先倒産・退職金・借入返済額の増加等)

■資金繰り悪化改善策
 
◆売掛金の増加による資金繰り悪化対策
 
 1.売掛金台帳を作成し、得意先・担当者ごとの売掛金の状況把握をする。
  下記の回収率を算出し、管理すると良い。
  ※売掛金回収率(大きい方がよい)= 分母に対する回収額 ÷ 当月請求額 × 100
  
 2.売上債権回転期間の長い企業には与信枠を設ける→不良債権の発生防止与信限度額を
  設け、リスク管理の徹底、取引条件の改定交渉を行う。

 3.請求書の発行、集金は取り決めた通り、確実に行う。

◆売上拡大で増加する費用による資金繰り悪化対策

 1.仕入は締日直後に行い支払いサイトをのばす・・・例)20日締め、翌月末日支払のケース
  21日に購入すれば、翌々月末まで支払期日をのばすことができる。

 2.支払は裏書手形又は小切手を使用

◆在庫の増加に伴う資金繰り悪化対策

 1.売れ行きの悪い商品とその原因把握を行う。
 
 2.商品の種類ごとに交差比率を算出→適正在庫をつかむ。
 
 (一定期間内に商品が何回転したのかを表す指標)
  商品回転率 = 売上高 ÷ 平均在庫高(※)
  平均在庫高※ = 期首棚卸高 + 期末棚卸高 ÷ 2
 
 (商品や製品を販売する場合の効率性を示す指標)
  交差比率 = 限界(粗)利益率 × 商品回転率

  ・資金効率を重視する場合は、商品回転率の高い商品を重点的に仕入れ、効率的に利益
   を生み出すのは交差比率の高い商品になるので、在庫管理を徹底し、欠品を防ぐ必要
   があります。

 3.在庫が過大であれば、在庫の削減目標を設定し、重点商品の仕入枠を決める。

■低収益による資金繰り悪化対策

 1.人件費の削減
  経営不振企業がまず第一に打つべき手は「不採算部門・不採算事業の撤退」次いで固定費
  の中で一番ウエイトが高い人件費の削減です。人件費に見合った粗利をいかに生み出すか
  を検討し、余剰人員、過剰報酬の見直し等を行います。

 2.固定費の変動費化
  例えば従来社内で行っていた労働集約的な単純作業を社外の業者へ委託するアウトソーシ
ングは固定費の変動費化です。現に運送業務、保管業務、電算処理作業、受付作業、開発作業、
  検査業務など幅広い業務のアウトソーシングが拡大しています。

 3.社員のヤル気を引き出す
  俗に「企業の業績は3気しだい」と言います。3気とは景気、天気そしてヤル気です。
  一人当たりの労働生産性を分析し、成果や業績に連動させた給与・賞与システムを構築する
  事です。

 最後に、今年は借入金の返済猶予いわゆるリスケジュールを行っている企業は特にその後、
 経営状態が立ち直っているか否かを見極められる年と言われています。
 
 本当の意味で抜本的な経営改革ができなければ近い将来、正念場を迎えます。
 
 会社の資金繰りが逼迫する前に TACTグループには色々な経営改善メニューがありますので、
 是非些細な事でも結構ですので監査担当者を通じてご相談下さい。

*.---.*.◆◇◆.+゜+.+゜.◆◇◆.+゜+.+゜.*.-.*◇◆◇*.-.*.+゜+.+゜.◆◇◆.+゜+.+゜.◆◇◆.*.---.*

≪--その他セミナー&イベントのお知らせ--≫

●平成27年 8月 7日(金) ≪13:30~15:30 ご予約の方優先≫
 TACT FP相談会
 会 場:税理士法人 TACT高井法博会計事務所 2F会議室
      ※初回ご相談は、無料
      ナビゲーター 株式会社タクト・エフ・ピー・オフィス 和田 康子、小久保 直輝

●平成27年 8月10日(月) ≪13:30~19:30≫ 受付開始13:00~ 
 TACT経営研究会 総会・記念講演・記念パーティー
 講 演:『なぜWOWOWを再建できたのか』
 講 師:ぴあ株式会社 取締役 佐久間 昇二 氏 
 会 場:岐阜グランドホテル

●平成27年 8月20日(木) ≪13:30~15:30≫
 日本政策金融公庫 資金相談会
 会 場:税理士法人 TACT高井法博会計事務所 3F研修室
      ご相談担当受付窓口 安田 耕造

●平成27年 8月21日(金) ≪13:30~16:00≫
 経営と承継を実現する経営戦略実践セミナー
 会 場:大垣市情報工房
      第1部『100年企業から学ぶ経営!』
 講 師:税理士法人 TACT高井法博会計事務所 代表補佐 公認会計士 税理士 額谷 武士
      第2部『会社を強くする企業価値向上手法とは?』
 講 師:税理士法人 TACT高井法博会計事務所 次長 公認会計士 税理士 矢崎 光洋
      第3部『最新!中小企業のM&Aの具体的手法について』
 講 師:株式会社日本M&Aセンター 情報開発部 課長 松浪 秀晃 氏
 費 用:3,000円(税込み)

●平成27年 8月24日(月) ≪10:00~17:00≫
 目標達成力向上支援セミナー
 会 場:税理士法人 TACT高井法博会計事務所 3F研修室
 講 師:株式会社V字経営研究所 代表取締役 酒井 英之 氏
 費 用:37,000円(税込み)※昼食代含む
 
★★申込は、▼下記URLから出来ます。
  ⇒ http://www.tact-group.com/seminar

*.---.*.◆◇◆.+゜+.+゜.◆◇◆.+゜+.+゜.*.-.*◇◆◇*.-.*.+゜+.+゜.◆◇◆.+゜+.+゜.◆◇◆.*.---.*

≪--メールマガジン【TACT 情報NEWS】--≫

★発行元:税理士法人 TACT 高井法博会計事務所
  ⇒ http://www.tact-group.com

★お問合せ:メールアドレス
  ⇒ merumaga@tact-group.com まで

◆このメルマガは弊社と名刺交換された方、
TACT セミナーを受講された方、
税理士法人 TACT 高井法博会計事務所からの最新情報を電子メールで入手することを希望
された方へ、無料で配信いたしております。

▼メルマガ【TACT 情報NEWS】のご登録・変更・削除はこちら
  ⇒ https://p.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=03429

▼ 登録・解除フォームから登録・変更・削除ができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【TACT 情報NEWS …WEB限定特別レポート】
 ⇒ https://p.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=03429&no=all
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2013 岐阜と名古屋の拠点を置く税理士法人 TACT 高井法博会計事務所
All Right Reserved.

━…━━━━━━━━━━━ 税理士法人TACT高井法博会計事務所 ━━━━━━━━━━━━…━